営業の状況変化対応

紙にしてしまうとかさばってしまう営業日報はソフトを使って賢くまとめましょう。更新も簡単なので作業効率を上げることも出来ますよ。

現在の日本は、デフレーションの不況が長引いています。
一説では15年、20年とも言われています。デフレーションとは、何かというと物価が恒常的に下がっていく現象を指します。コレによって何が起きるかというと、お金の価値が年々上がっていくので、投資が起きにくくなるという副作用をもたらします。
これは何を意味するかというと、借金の実質金利が上がっていくので、借金をしたら借金をしただけ年々その実質的負担が増えていくということです。

このような環境下にあると、政府が動かない限り、デフレーションの脱却は不可能なのです。

但し、民間企業の営業マンは、それを待っているわけにはいきません。デフレ化では、どうしても消費者の買い物も保守的になります。あまり挑戦的にものを買わなくなるのです。また、より安いもののニーズが高くなるので、単純に価格競争になることが多いです。
そこで、オススメしたいのがCRM(顧客管理システム)と営業支援システムの導入です。

このような環境下であると、新入社員を増やして中核メンバーの強化をするのは、非常に困難です。従って今いるメンバーでより多くの成果をあげる必要がでてくるのです。
それを可能にするのがCRM(顧客管理システム)と営業支援システムなのです。具体的には、営業日報などの文書をオンライン上で、編集できたりするシステムです。これは、在宅勤務が増えてアメリカでより、効率的に営業マンに働いてもらうためのシステムとして導入されました。
CRM(顧客管理システム)と営業支援システムはそういう、発生経緯をもつシステムなので、少し監視的意味合いも強いのですが、協力な支援システムあることは事実です。
営業日報によって、その日のヒアリングの内容を社内で共有し、そしてそれをもとに翌日の営業活動に利用する。またその日の営業日報をという風に、どんどんとそのシステムは利用されることで、営業活動をよりソリッドなものに変えていきます。CRM(顧客管理システム):営業支援システムは、今の時代の営業マンに本当に必要なシステムなのです。

いち早く営業支援システムを導入した会社は日報などの報告が簡単になった、営業のムダがわかって戦略が立てやすくなったと喜んでいますよ。
導入実績が多い情報共有システムのサービスを利用しませんか?企業体制の見直しにも役立つので注目されています。

カテゴリー

  • カテゴリーなし
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031